カレーノトリコ 東京屈指の名店 201907

爽やかに薫るシャバ系カレー

カレーノトリコ

チキンカレー 辛さ30倍 950円

WRX2000評価 4.8/5.0点
※5点満点
   4.5点〜ワザワザ他に用事もないのに食べに行く価値あり
   4.0点〜その場所、ジャンルで選択肢の上位になり得る
   3.0点‥牛丼チェーン店
 
それほどカレー屋を食べ歩いているわけではないが、名店ひしめく神田界隈はもとより、東京全域含めて、自分ランクベストスリーの一角だ。
 

<WRX2000 東京カレーベストスリー>

カレーノトリコの「インド風チキン」
ばんびの「チキンカレー」
京橋屋カレーの「ときえカレー」
ばんびは最新の状況を確認してレビューしたい。京橋屋は現在テイクアウトのみのようで、ハードルが高くなってしまったが、カレーの香りを振りまける場所が確保できるなら(現在もたぶん)オススメだ。
 
ちなみに上記に大阪の2店を加えて東西ベスト5。

<大阪の2店>

ボタニカリー
 

カレーノトリコという店

初訪時のメモは2015年5月で、その前年新規開店とあるから、2014年の開店だと思う。都営新宿線岩本町駅からやや秋葉原よりに入った道沿い、味のある外観の店舗だった。2018年に現在の場所に移転。店主さんは老舗名店「エチオピア」で修行された、という話を誰かから聞いたが、本人からではない。真相は不明。
スパイスの嗅ぎ分けは得意ではない。それでもあえて書くなら、酸味というか、カルダモン系のスーッとした風味には(ほんの少しだが)共通点があるかもしれないが、当店のカレーはエチオピアとは完全に別物。
 
移転前の店舗

f:id:wrx2000:20190710203318j:plain
現在の店舗

f:id:wrx2000:20190710203057j:plain

行列
通い始めの頃は、場所がついでに通るようなところではなかったからか、オープン直後に着けばほとんど並びは無かった。その後確かマツコデラック◯の某番組で紹介された途端、大行列店に変貌。余談だが、マツコの影響は絶大。他の番組ならば数週間で一旦落ち着くところが、いつまで経っても大行列のまま。築地の某喫茶店など、並の人間が気づくような店ではないし、うならせるようなものを出すわけでもない、茹で置きスパゲティが抜群に旨いB級グルメだったが、観光地ということも手伝ってか、1年どころか2年3年と行列が絶えなかった(勘弁してほしい)。地元出身のオー◯リー若林が紹介した時にはすぐに落ち着いたのに。
現在はコンスタントに行列するものの、何十分も待つようなことは(平日は)ない。直近の休日は未確認。
 
メニュー
以前は、「インド風」「ドライ」+両者の「あいがけ」で3本立てだったのだが、現在「ドライ」単品は(少なくともメニューには)なく、「インド風」と「あいがけ」の2本立て。基本料金にトッピング一種分が含まれており(牛すじは追加料金かかる)、オーダー時に指定する。

f:id:wrx2000:20190710203447j:plain

辛さ
◯◯倍、と指定する。初訪時は5倍まで。スタンプカードを貰うとそこに食べた倍数が記載され、次回は+10倍までオーダーできる。スタンプカードをなくすと、最初から。

f:id:wrx2000:20190710210216j:plain

何枚目かになっていたカードをなくしてしまい、一度リセットする羽目になった。

ただ、決して辛さが売りではないので、5倍でも20倍でも同じように旨い。
そして、倍数上げてもそう辛くならない。以前は30倍で汗だくになって「フウフウ」いうくらいで、自分適正倍数20で固定していたが、辛さリセットしてからもう一度30まで上げてみたところ、20倍より多少は辛いけど、くらい。と、いうことはより細かい調整(メーター「1」あたりの辛さ刻みが小さくなった)が可能になったということだろう。過去、75倍とか100倍というオーダーを聞いたことがある。
 
トッピング
トッピングはチキン一択。一応全て試してみたが、チキンが最も食べ応えがありカレーとも合う。チキンは素揚げかと思っていたら、調理はフライパン。多めの油で焼いてるんだろうか。またまた過去との比較だが、以前よりチキンが大幅に増量されており、気のせいかもしれないが、ルーがやや減っているような気がする。そして直近ではチキンはそのままに、また少しルーが増えてきているような。
 
インド風カレー

f:id:wrx2000:20190710203558j:plain

インド風カレーの香り、薫りをストレートに味わいたいので、あいがけは頼まない。ドライと混ぜながら食べるのもオツであるが、ここはもう嗜好、インド風のスパイシーが好きなので。
爽やかさはスパイスだけではなく、葉っぱ、種(カスリメティとかマスタードシードとかだと思われる)と、徹底している。
で、あまりに旨いからとバシャバシャライスを馴染ませて食べていると、チキンが余るので、ペース配分は重要。ルー大盛もおすすめ。ライス大盛ではルーが足りなくなる。
好みが分かれるところだと思うが、自分にはどハマり。

ルール

喋っていると怒られるらしい。そもそも1人でしか行かないので、自分が喋ることはないが、怒られている人を見たこともない。しかし店主がツイッターで「はっきり言います」と書いているから、度を越したら怒られるんだろう。あと、従業員が怒られているところはたまに見る。怒られているというか、指示なんだけど、確かに言い方はややキツメかもしれない。聞いていて不快なほどではないが。というか、その気になって聞いていないと、気づかない。また、仲よさそうにフォローしあっている場面もあるので、それはもうカウンターあちら側の人間関係ということで。

訪問情報

平日11:40並び5
並び10人程度までは屋根あり。
11:58着席
12:07着皿
神田から5分
 
 

まだ間に合う!ラーパスでおトク麺、品切れ警報!!

超おトクなラーパスの威力!

昨年(2018年11月)に発売された一冊のラーメン本(略してラー本)。

食べログやラーメンデータベースとは異なる立ち位置(広告)で埼玉のラーメン店を紹介する定番のラー本。イマドキ紙の本なんてデカイし邪魔だし、ウェブで十分!と思ったらチョイ間違い。

埼玉のうまいラーメン2019

埼玉のうまいラーメン2019

 

 この本にはラーパスなる特典が付いている。

本当に「付いている」。綴じ込みの厚紙から切り取る。

f:id:wrx2000:20190702175415j:plain

ざっくり言うと、この本に載っているラーメン店のうち、以下の店でこのラーパスを提示すると、様々なサービスが受けられる。

ざっと数えて90弱。

f:id:wrx2000:20190702180135j:plain

中には超有名店も含まれる。

例えば

支那そば 心麺

「ラーメンの鬼」佐野実の系譜を継ぐ老舗。初代店主が師事したようだ。

滑らかなホタテダシが見事。

f:id:wrx2000:20190702180932j:plain

他にも…

(カッコ内は2019/7時点の食べログ得点と私の寸評)

狼煙 NOROSHI(3.74、超有名濃厚つけ麺)

よしかわ 坂戸店(3.59、上尾の本店は鶏と魚介につるポキ麺で四つ葉と並ぶ埼玉の頂点に君臨)

幻六(3.65、見事な蛤遣い)

wrx2000.hateblo.jp

 瑞山(3.68、塩イチオシ。以下写真は限定鯛出汁冷やし麺)

f:id:wrx2000:20190702183902j:plain

金魚(3.60、魚介醤油ツルシコ太麺)

f:id:wrx2000:20190702184244j:plain

庵悟(3.63、濃厚魚介豚骨つけ麺)

つむじ(3.50、鶏白湯カツオダシ濃厚スープ)

f:id:wrx2000:20190702183551j:plain

一瑳(3.69、超淡麗鶏清湯)

(3.67、豚塩清湯)

wrx2000.hateblo.jp

 など、壮々たる顔ぶれが並ぶ。

大盛無料や味玉、トッピングなどが多いようだが……

 

ここで超おトクな店をひとつ。

らーめん みずさわ 東川口店

新潟生姜ラーメンの店。

醤油生姜らーめん700円
生姜が強烈。舌と鼻にグイグイ入ってくる。それに負けないようにか、ダシも醤油も強め。麺は箸で摘み上げると見た目とても柔らかく、伸びてんのか?くらいの印象で実際柔らかいのだが、食べてみれば決して伸びているわけではない。独特。コレはコレでアリ。薄切りチャーシューはスープが絡んで旨い。

f:id:wrx2000:20190702185025j:plain

↑これがノーマル。
こちらのサービスは「トッピングか大盛無料」。
で、トッピングは…
                          ⬇︎こちら⬇︎

f:id:wrx2000:20190702185401j:plain

 チャーシュー、200円!!!

f:id:wrx2000:20190702185947j:plain

チャーシュートッピングした。(食券は買わずに着席時にラーパス提示)

⬇︎⬇︎⬇︎

f:id:wrx2000:20190702190131j:plain

こちらは背油醤油ラーメン。脂に隠れて見えにくいが、全体をチャーシューが覆っている。ホロホロやわらか旨味。

 

ラー本代などあっちゅう間にモト取れる。

f:id:wrx2000:20190702175518j:plain

 

まだあと4ヶ月使える、駆け込むなら今!

 

埼玉のうまいラーメン2019

埼玉のうまいラーメン2019

 

栃木、群馬も!

栃木のうまいラーメン2019-2020

栃木のうまいラーメン2019-2020

 
群馬のうまいラーメン2018-2019

群馬のうまいラーメン2018-2019

 

 

 

激ウマ塩ラーメン、ハイコスパ注意報!中華そば馥、獨協大学前、2019/6

今時珍しい、本格旨味なのに価格破壊!ランチサービス700円!

f:id:wrx2000:20190626183423j:plain

中華そば馥 
埼玉県草加市栄町2-4-8 
 
ラーメンデータベース 92.05
 

WRX2000 評価

中華そば(平打麺) 4.6/5.0点
中華そば(細麺) 4.2/5.0点
煮干しそば(細麺) 4.1/5.0点
辛味噌ラーメン(平打麺) 4.1/5.0点
ランチサービス 肉めし4.1/5.0点
ランチサービス 韓国風明太ご飯 4.0/5.0点
※5点満点
   4.5点〜ワザワザ他に用事もないのに食べに行く価値あり
   4.0点〜その場所、ジャンルで選択肢の上位になり得る
   3.0点‥牛丼チェーン店

結論

オススメは、清湯塩の「中華そば」平打麺に、毎日17:00までのランチサービス「肉めし」、締めて700円だ。
本格旨味ラーメンの価格は今や1.000円越えも珍しくなく、平均相場850円といったところだろう。それ自体は、価値を認めて金を出す流れが主流になりつつあるわけで、ラーメン屋にしても、いい材料を使って旨いものを作れば売れる市場があれば、新たな挑戦がしやすいというものだろう。
 
その点、当店のラーメンは今後値上げされる可能性を含んでおかなければならないが、それにしても安い。2019/6時点で値上げされ700円となっているが、実はこの前まで650円だったのだ。こんな旨いラーメンが650円か!と驚いたのも束の間、土日含めて毎日17:00までのランチサービスでは、麺大盛りやトッピング、杏仁豆腐などから一品選べてお値段そのままで二度驚いた。イチオシは肉めし。

中華そば(平打麺)

清湯 スープ、ダシは鶏、豚、昆布、カツオあたりか、スッキリしつつもケモノの旨味十分、塩ダレにはほのかな甘みも。黒いメンマはスジ感を残しつつも歯切れ完璧、歯間に挟まる感覚なし。そのメンマから滲み出る汁がスープに最後の画竜点睛。

f:id:wrx2000:20190626183947j:plain

平太の縮れ麺は喉越し歯切れ舌触りともバランスよく、スープとよく合う。
ただし、何回か食べてみてわかったのだが、時によりコシや舌触り、喉越しにムラがある。茹で加減なのか打ち加減なのかはわからない。やや粉っぽかったり、コシが足りていなかったり。その点はご愛嬌として再訪してみることを勧める。
f:id:wrx2000:20190626183655j:plain
卓上の「唐辛子を炒めたもの」で辛味をトッピングすると旨辛スープに早変わり。味変に使ってもいいし、何なら最初から入れてもいい。一方、揚げネギは油多めのスープに入れるにはややシツコイので注意。好みの問題だが。

f:id:wrx2000:20190626184130j:plain

バラ肉のチャーシューが柔らかく脂の旨味たっぷり。

f:id:wrx2000:20190626184227j:plain

f:id:wrx2000:20190626184237j:plain

中華そば(細麺)

f:id:wrx2000:20190626184527j:plain

極細ストレート、加水率低めでやや粉感がある。店内の説明にはポキポキ?だったか、歯ごたえ系のコメントがあったが、実物はやや違うかな。平太の方が好み。

 山形辛味噌ラーメン

f:id:wrx2000:20190626184739j:plain

辛玉をほぐす前に、ミソスープで。これは旨い、濃すぎずも味わい深いのはダシの足腰が強いからか。

f:id:wrx2000:20190626184842j:plain

で、辛玉・・・辛っ!辛味が強すぎ、スープの個性が飛んでしまって。これしかなかったら「旨い!」で終わるが、その前にミソスープ味わってるし、何ならノーマルラーメンの見事さも知っている故、ヴーン・・となってしまう。

f:id:wrx2000:20190626184950j:plain

煮干しそば(2019/6時点でメニュー落ちしている)

f:id:wrx2000:20190626185145j:plain

見た目は中華そばと変わらない…が、当店の見事な豚スープに煮干しをブレンド?結果として輪郭がぼやけてイマイチな仕上がりに。ランチサービス味玉。

肉めし(ランチサービス)

f:id:wrx2000:20190626185338j:plain

これが旨い、ホカホカ、滑らかな飯粒、ほのかに甘みと八角。パラパラと焼豚。多分肉なしでも旨い。

韓国風明太ご飯(ランチサービス)

f:id:wrx2000:20190626185427j:plain

韓国海苔胡麻油と和えた明太子。旨いが、肉めしの方がオリジナリティがあり、選択順位は上。

つぶやき

浅草橋のくろ㐂、東十条のほん田、幡ヶ谷(現新宿)の不如帰、いずれも最初はこんなトンガリのある、チャレンジングな味で、パンチが効いていた。今やいずれもシャレオツな多重奏、お値段は下手したら1,000円超え。口中につば溜めながら足を運ぶような中毒性もなくなり、行列は増える。
ラーメン道は新店探しに尽きる。

訪問情報

通し営業なのと、客層に学生が多いためか、客足が分散しており、ランチタイムを外せば並んでも数人。逆にランチタイム未経験。雨天での並びは傘必要。食券なしの後会計。
駐車場あり、やや狭いが3ナンバーミニバンも駐車可能。

 

埼玉のうまいラーメン2019

埼玉のうまいラーメン2019

 

 

 

魚介水出しスープ+醤油、鶏白湯+クリームの2本立て、麺巧 潮 201906

魚介の水出しスープ 「にほんいち醤油そば」 870円

f:id:wrx2000:20190620191345j:plain

季節限定 1日20食 「ひやくろ」 870円

f:id:wrx2000:20190620191427j:plain

クリーム濃厚 鶏白湯そば 870円(20190624追記)

f:id:wrx2000:20190624174646j:plain

麺巧 潮 

東京都千代田区神田淡路町2-4-4 アール神田淡路町 B1F 

WRX2000評価

にほんいち醤油そば 4.4/5.0点
ひやくろ870円 4.4/5.0点
鶏白湯そば870円 4.2/5.0点(20190624追記)
※5点満点
   4.5点〜ワザワザ他に用事もないのに食べに行く価値あり
   4.0点〜その場所、ジャンルで選択肢の上位になり得る
   3.0点‥牛丼チェーン店
 
2012年開店から、一貫して「鶏白湯」と「にほんいち醤油」という全く方向性の異なる2種のラーメンを看板にしている。
3年以上振りに訪店。かつてこの店は「鶏白湯一択」と思っていた。もちろん個人的感想だが、当時の醤油スープはそばつゆのような醤油の押し出し、甘みがあまりにも単調に思えた。一方、当時流行り始めていた鶏白湯とは一線を画した当店のそれは、スープこそ鶏の白湯だが、生クリームを使い、アスパラベーコン巻とポーチドエッグを具材とするなど、オリジナリティの塊で、今でも目立ったフォロワーは見かけない。
 
久方ぶりにこの辺りに舞い戻り、いの一番にこちらへ。
 
また、敢えて20食限定の「ひやくろ」と、「にほんいち醤油そば」を試してきた。
 

にほんいち醤油そば

結論から言うと、大きく進化している。
そばつゆのような甘みはそのままだが、「醤油」っぽさはやや抑えられるとともに、醤油の酸味が加わり甘さとバランスを取って出っ張りを抑えている。これによりダシの風味がそれぞれ明確に感じられるようになり、サバ、うるめいわしをはじめとした旨味が鮮烈に鼻腔に抜けていく。(ダシについては店内に能書きがある)

f:id:wrx2000:20190620192042j:plain

麺はややゴワ感がある細麺で、スープの爽快感とよく合う。

f:id:wrx2000:20190620191823j:plain

具材は焼豚、鴨のロースト(か、コンフィ?)、パクチー、ゆで玉子。

f:id:wrx2000:20190620192203j:plain

f:id:wrx2000:20190620192234j:plain

特にパクチーはあまりクセがなく、やや酸味があって、単品でもとても美味い。
さらに大盛無料。具材と併せてコスパも最高。
 

ひやくろ

限定20杯、15:00過ぎでまだある。
よほど(相対的に)人気がないのか、20よりもっとあるのか?

f:id:wrx2000:20190620191928j:plain

サッパリスープは基本的ににほんいち醤油そばと同じ構成(と、思う)。
麺は固めに締めてあり歯応えが楽しめる。

f:id:wrx2000:20190620192335j:plain

季節限定でもあり、残っていれば試す価値あり。

鶏白湯そば

f:id:wrx2000:20190624180424j:plain


鶏白湯スープにクリームを加えた洋風ラーメン。かつてはシッカリとした鶏風味をベースにクリームを加え、具材もアスパラベーコン巻きにポーチドエッグ。洋風に仕立てながらも、これはラーメンだ、と思えたのはおそらく鶏風味が最も強く押し出されていたからだ。
かつては。
3年以上ぶりに味わってみれば、面白いことに、にほんいち醤油と評価が全く逆転。
以前よりクリームが非常に強く、鶏ダシを殺してコッテリコッテリに仕上がっており、なんというか安っぽいフレンチのようなおかしなことに。喉がカラカラ。

f:id:wrx2000:20190624180530j:plain

ポーチドエッグも、まん丸でそれは見事なものだったが、今回は「湯に落としただけ」、ある意味自由に泳いだ玉子。ゆで加減は文句なく、トロトロの黄身が噴出。
アスパラベーコン巻きもだ。ベーコンには筋がなく、アスパラも見事にゆで上げられて、噛めば全く抵抗なくふわりと分断されていたが、今回はまあ、なんというか、並みの洋食屋レベル。
記憶が美化されたのか?
 

訪問情報

平日15:30 待ちなし店内客1人
夜まで通し営業がありがたい

f:id:wrx2000:20190620192608j:plain

f:id:wrx2000:20190620192619j:plain



日本橋 つじ半、日本橋の一等地でこの鮮魚がこの値段! 201906

築地場外をはじめとした観光市場の価格がボッタクリだとわかる一膳

f:id:wrx2000:20190618173201j:plain

日本橋海鮮丼 つじ半

東京都中央区日本橋3-1-15 久栄ビル 1F
 
 

WRX2000評価

ぜいたく丼(梅) 1,080円 4.4/5.0点
ただし、鯛だしは3.9/5.0点
※5点満点
   4.5点〜ワザワザ他に用事もないのに食べに行く価値あり
   4.0点〜その場所、ジャンルで選択肢の上位になり得る
   3.0点‥牛丼チェーン店
 
つけ麺の有名店「つじ田と、三越前コスパ抜群の天丼行列店「金子半之助」のコラボ。あまりの行列になかなか機会がなく、気がつけば何と5年振り。
メニューは変わらずぜいたく丼(ランクは松〜梅あり)一本だが、価格はアベノミクスを経て「梅」990円が1,080円に。

f:id:wrx2000:20190618173243j:plain

コブシ大のネタは、濃厚ネットリなマグロの中落ちをベースに、コリコリ白身が数種、しゃりしゃりネギと臭みゼロのイクラ
別添えで刺身が4切れ。臭みのない赤身に血合があり、見た目よりさっぱりした食感と味。店で聞いてくればよかったと後悔しつつ、色々とネット検索してコレか?と思ったのが「赤サバ=葉血引(ハチビキ)」。

f:id:wrx2000:20190618173326j:plain

店側おススメ作法はこちら。

f:id:wrx2000:20190618173428j:plain

まずは黄身醤油にオススメ通りワサビを全て溶いて、崩したネタにダーーーと回しかける。
コレが量、濃さともに絶妙で、刻みネギやゴマの歯応えアクセントが拍車をかけて箸がガンガン進む。途中、別添えの刺身も交えつつ、気がつけば1/5ほどまでに減ってしまったところで、オススメの刺身み加えて丼上のネタも少し余らせて、ブーメラン式の鯛だし、ご飯少し足しでコール。

f:id:wrx2000:20190618173525j:plain

鯛だしは残念。見た目ほどだしが出ておらず、薄い。5年前にはコレにも感動したような記録があるが、今回はイマイチ。
加えて、丼のネタは熱いだしに惨敗、これはこちらのマネジメントが悪かった。
 
一方、だしの温度で半レアになった別添え刺身は旨かった。

f:id:wrx2000:20190618173622j:plain

 

訪問情報

平日火曜 14:20 待ち9 14:45着席 14:50着丼

f:id:wrx2000:20190618173739j:plain

f:id:wrx2000:20190618173743j:plain

f:id:wrx2000:20190618173803j:plain




 

神田でピン飲み、鳥勢 201906

ピン飲みに最適な神田の焼き鳥屋

f:id:wrx2000:20190617172919j:plain

左から 皮、つくね、焼き鳥

鳥勢(とりせい)

 

WRX2000評価

4.0/5.0点
 
神田駅西口から徒歩30秒。
道路に面した焼き場ではオヤジが黙々と、焼き鳥に向き合っている。
始めて来た時は、寡黙なオヤジなのかと思った。もしかして声出ない?くらい。
「(焼物の)注文いいすか?」
「(ウンウン)」黙って頷いている。
注文を伝票に鉛筆で書き込んでいく。(ように見えるが、実は金額のみメモしている)
焼き上がりはカウンター上に皿を置く。
「…」無言だが、目はしっかりとこちらを見ており、皿がカウンターに降りるのをしっかり見届ける。コミュニケーションの意思があるのは明確だ。
 
ところが、(頻度は置いといて)何度も通ううちにわかった。
単なる気分、機嫌だろうと。
常連さんとよく喋る、こともある。何度か話をしたことも、ある。「今日は久しぶりじゃん」なんて言われ、「いや僕いつも久しぶりですよ」なんて。実際、間隔短い時でも1ヶ月置きだ。
 
立地のせいか、常連偏重もない。過度な「構われ」がないのが、すごくいい。
常連との会話も、2〜3往復くらいで、耳に障らない。
1人で飲んでいるときは、1人がいい。
 
前置きが長くなったが、伝えておきたいのは「敷居は低い」ということ。
初めてでも気軽に入れる。
 

ドリンク

高い。ナマか瓶だが、600円はないだろう。でも最初の一杯は生だ。
ホッピーセット550円もチョイ高め。ただ、焼酎はたっぷり入ってくるのでしっかり酔える。(氷も焼酎も適当で、量は毎度ブレブレ)
 

焼き

焼き鳥、ハツ、皮、砂肝、つくねなど基本ラインナップは150円で、一本から。
焼き鳥、ハツは日によってブレあり。皮は小さめだが旨味濃いめ。つくねは粗挽き、焼き多め、脂少なめ。

f:id:wrx2000:20190617175617j:plain

左から こにく、ハツ
こにく(ぼんじり)200円はチョイ安め。
 
ささみしそまき300円は別に高くはないが、他のメニューに比べ倍額。

f:id:wrx2000:20190617175107j:plain

この店、鳥刺、鳥レバ刺しを出す。おそらく刺しで出せるささみを、しそと巻きレア焼きにして、梅肉のせ。このレアが、うまい。

f:id:wrx2000:20190617175115j:plain

ちなみに、この店を生食でフィーチュアしているレビューも見かけるが、個人的には焼きのほうが好きだ。
 

ポテサラ、マカサラ

いずれも450円で高いのだが、量はしっかりある。腹が減っているときはポテ、そうでもないときはマカ、として、最初のオーダーで必ず頼む。焼きが上がるまでの繋ぎだ。ちなみにポテサラはやや薄味だ。
 

訪問情報

17:00には開いているが、何時からかは不明。のれんは21:00にしまうが、閉店は22:00(コレは親父に聞いた)。
レジェンド葛西のサインが入ったスキー板があるが、由来は不明(あまり喋らないから)。
 
 

海の家白い砂 沖縄そば 食べログクチコミゼロなのに…旨い 20190522

海の家 白い砂

営業時間/11:30〜20:30 定休日:火曜日

f:id:wrx2000:20190613175750j:plain

食べログ 得点なし
 

WRX2000 評価

沖縄そば 白い砂風 4.4/5.0点
   4.5点〜ワザワザ他に用事もないのに食べに行く価値あり
   4.0点〜その場所、ジャンルで選択肢の上位になり得る
   3.0点‥牛丼チェーン店
 
沖縄旅行二日目、5/22。
今日は超ハードスケジュールだ。
名護市のホテルを出て、最北端辺戸岬まで北上した後、那覇市内のレンタカーショップまでコペン君を返却しなければならない。古宇利島を経て、昼食はドライブ中目に入った店で、タイミング優先!と決め、国道58号線をひた走る。本当に偶然、反対車線向こうに広い駐車場が目に入り、コペンを滑り込ませた。
第一印象「高!!」
旅行中の昼食は沖縄そばと決めていた。その沖縄そば、1,000円!!大変申し訳ないが、周囲数キロに(多分)建物がない北部の国道沿いで、都内のラーメンそばでもなかなかない、1,000円越え!!
 
ところが。
 
・・・うまい。
 

f:id:wrx2000:20190613181946j:plain

まず、豚肉。定番のソーキでもラフテーでもない、普通の切り肉。
これ自体はなんちゅうこともない肉なんだが、ホカホカあったかい上、にんにく風味。
 
そしてそのにんにくと豚の旨味が流れ込んだスープ。調理中ジャージャー炒める音が聞こえていた。肉、にんにくを炒めていたのだろう、そのままタンメン的に炒め汁を流し込んだのか?そういう旨味。
 

f:id:wrx2000:20190613182104j:plain

紅生姜で大きく味変、サッパリ感が加わる。
 
多加水の中太縮れ麺にあーさ(あおさ海苔)と紅生姜を絡めると旨味マシマシ。
 
下調べゼロでこんな店を引き当てる自分の嗅覚に恐れすら感じながら(この前後で結構な当たりを引いている)、事後調べではなんと食べログにクチコミない!
 
オイオイマジか。
 
辺戸岬、大石林山方面へ向かう途中で沖縄そばを食べるならココで決まり!
(チョイ高いけどね)
 
あまりにビックリして、スタッフの女性に「すげえうまかったです、驚いた(失礼)」と伝えたところ、名刺をいただいた。
店長さんでした。

大阪出身のシンガーソングライター 神銅アキ

というのは後から発見したブログから。
 
訪問情報
平日水曜14:00客なし
 

f:id:wrx2000:20190613182302j:plain